がん臨床試験(Clinical Trials - Japan/Malignancy 03/07/2015)胆管癌 Cholangiocarcinoma

rinsyo2.jpg 
Cancer Clinical Trials Hub / Japan 
Types of Cancer, universities and medical institutions classification version(β版) 
がん臨床試験 がん腫・大学・医療機関別 分類版
(website)

◆最新臨床試験/悪性腫瘍(Latest Clinical Trials Registry/ Malignancy)◆
◆UMIN000021378 2016/03/07
胆管癌の集学的治療におけるレザフィリンと半導体レーザを用いた光線力学的療法 ―安全性と有効性について―
Photodynamic therapy using talaporfin sodium in the multidisciplinary therapy for cholangiocarcinoma -safety and efficacy-
・胆管癌 Cholangiocarcinoma
・-
・一般募集中/Open public recruiting
・胆管癌に対するレザフィリンを用いた光線力学的療法の安全性と有効性についての検討
The investigation for the safty and efficacy of photodynamic therapy using talaporfin sodium for the cholangiocarcinoma
・安全性・有効性/Safety,Efficacy
・介入/Interventional
・治療・ケア/Treatment
・医薬品/Medicine 医療器具・機器/Device,equipment
 介入1(Interventions/Control_1)
 注射用レザフィリンを40mg/m2を静注後、4~6時間目にPDT半導体レーザ664nm、100J/cm2を約10分間病巣部に照射する。
 The photosensitizer talaporfin sodium is
injected intravenously at a dose of 40 mg/m2) 6 hours before PDT. Photoactivation with the diode laser system is performed at 664 nm with a light dose of 100 J/cm2.
・20 歳/years-old 以上/<=
・適用なし/Not applicable
・男女両方/Male and Female
・10
・内藤 格 Itaru Naitoh
・名古屋市立大学大学院医学研究科 Nagoya City University Graduate School of Medical Sciences
・名古屋市立大学病院 Nagoya City University Hospital
・自己調達/Self funding
◆参考資料・関連情報 (reference materials & related information)◆
胆管癌に新規光感受性物質レザフィリンを用いたPhotodynamic therapy 3例の安全性に関する検討 (1) 長崎大学病院腫瘍外科 2)長崎大学病院消化器内科 3)井上病院内科 2011/08/12日本胆道学会) PDF
関連記事


コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://paxxmedia.jp/tb.php/8848-60672f1d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)