がん臨床試験(Clinical Trials - Japan/Malignancy 02/23/2015)胃癌 gastric cancer

rinsyo2.jpg 
Cancer Clinical Trials Hub / Japan 
Types of Cancer, universities and medical institutions classification version(β版) 
がん臨床試験 がん腫・大学・医療機関別 分類版
(website)

◆最新臨床試験/悪性腫瘍(Latest Clinical Trials Registry/ Malignancy)◆
◆UMIN000021130 2016/02/23
PGSAS-37を使用した胃切除術におけるQOL評価
・胃癌 gastric cancer
・-
・一般募集中/Open public recruiting
・PGSAS-37を用いて、胃切除手術を行った症例の術後QOLを評価すること
To estimate the quality-of-life in patients after gastrectomy by PGSAS-37
・その他/Others
・観察/Observational
・-
・-
・適用なし/Not applicable
・適用なし/Not applicable
・男女両方/Male and Female
・300
・小寺 泰弘 Yasuhiro Kodera
・名古屋大学大学院医学系研究科 消化器外科学 Department of Gastroenterological Surgery, Nagoya University Graduate School of Medicine
・名古屋大学大学院医学系研究科 消化器外科学 Department of Gastroenterological Surgery, Nagoya University Graduate School of Medicine
・自己調達/Self funding
Long-term quality-of-life evaluation in postgastrectomy patients by Postgastrectomy Syndrome Assessment Scale (PGSAS-37)

・その他関連情報(Other related information)
前向き単施設観察研究,選択基準を満たす対象者に対して,PGSAS-37を術前、術後1ヶ月、3ヶ月、6ヶ月、12ヶ月で調査
Prospective single-institutional study, In patients fulfilling the criteria, QOL survey will carry out using PGSAS-37. Survey is scheduled as follows; PGSAS-37: preoperatively, on postoperative 1,3,6,12 -month.
関連記事


コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://paxxmedia.jp/tb.php/8720-063438d6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)