がん臨床試験(Clinical Trials - Japan/Malignancy 02/01/2015)胆道癌 Biliary tract cancer

rinsyo2.jpg 
Cancer Clinical Trials Hub / Japan 
Types of Cancer, universities and medical institutions classification version(β版) 
がん臨床試験 がん腫・大学・医療機関別 分類版
(website)

◆最新臨床試験/悪性腫瘍(Latest Clinical Trials Registry/ Malignancy)◆
◆UMIN000020801 2016/02/01
切除不能・術後再発胆道癌に対するFOLFIRINOX療法の第2相試験
・胆道癌 Biliary tract cancer
・第Ⅱ相/Phase II
・開始前/Preinitiation
・切除不能・術後再発胆道癌を対象として、FOLFIRINOX療法を施行し、有効性および安全性の評価を行う。 The aim of this study is to evaluate the safety and the efficacy of FOLFIRINOX in patients with advanced biliary tract cancer.
・安全性・有効性/Safety,Efficacy
・介入/Interventional
・治療・ケア/Treatment
・医薬品/Medicine
 介入1(Interventions/Control_1)  
 2週間を1コースとして、第1日にオキサリプラチン、イリノテカン、レボホリナート点滴静注およびフルオロウラシル急速静注の後、第3日目までフルオロウラシルを持続静注する(FOLFIRINOX療法)。  FOFIRINOX which is a combination chemotherapy of oxaliplatin, irinotecan, leucovorin, and fluorouracil will be given every 2 weeks.
・20 歳/years-old 以上/<=
・75 歳/years-old 以下/>=
・男女両方/Male and Female
・35
・伊佐山 浩通 Hiroyuki Isayama
・東京大学 消化器内科 Department of Gastroenterology, Graduate school of Medicine, The University of Tokyo
・東京大学 消化器内科 Department of Gastroenterology, Graduate school of Medicine, The University of Tokyo
・東京大学研究医療費 The Tokyo University Hospital Research Fund
A phase II study of FOLFIRINOX in patients with advanced biliary tract cancer

・試験実施施設名称(Institutions) 京都大学病院(京都府)、大阪府立成人病センター(大阪府)
関連記事


コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://paxxmedia.jp/tb.php/8561-a76846cc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)